space_.png

労働・社会保険手続きのお悩み

【労働・社会保険手続きのお悩み】

1.労災保険や健康保険の請求手続きが分からない・・・

従業員の病気・ケガ・出産などはそう頻繁に起こることではありませんが、いざというときに困ったことはありませんか?労災事故による保険給付や傷病手当金の請求手続きなど、労働基準監督署や社会保険事務所に何度も確認して、ようやく手続きが完了・・・。最近は、育児休業給付や高年齢雇用継続給付なども増えていますよね。

 

2.入社や退職の手続きで毎月のように役所へ行かないといけない・・・

入退社等による雇用保険や健康保険・厚生年金保険の手続きで、毎月のように職業安定所や社会保険事務所へ行くのは、結構面倒ですよね。(ただ、担当者はちょっとした息抜きができ、それを口実に寄り道したりして・・・)会社にとっては、その間担当者が社内にいなくなるし、交通費もかかります。

 

3.事業拡大で忙しくなってきた・・・

会社の成長期には、担当業務を超えて他部署の応援などの協力も当然必要となりますよね。さらに事業拡大や新分野進出などがあると、新たな業務がどんどん発生し、その対応で目が回るほど忙しくなるものです。そんなとき、貴重な人材は、コア業務に専念させたいと思いますよね。

 

こんな悩みをお持ちの方へ

 従業員が30名を超えると、いろいろなことが起きてきます。入退社の人数の増加にともない各種手続きが増えると同時に、突然の労災事故の対応なども必要となってきます。これらの手続きを迅速に行ない、従業員が安心して働ける職場環境を作ることが経営者に求められています。社会保険労務士は、労働・社会保険の事務手続きをスピーディかつ正確に処理することができます。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13324332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)